交通事故~当て逃げ

自分は大丈夫。
そう思っていても交通事故は思いがけなく起こってしまいます。
自分が交通事故の当事者になるなんて、誰も思っていないと思いますが、万が一のことを考えて、交通事故に遭ってしまったらどうすれば良いのか、頭に入れておきましょう。


交通事故には様々なものがあります。
主に対人、車同士、対物ですが、意外と多く発生しているのが当て逃げと呼ばれている交通事故です。
当て逃げは、他人の車にぶつけたのに、ぶつけた人が逃げてしまった交通事故です。
駐車場に停めておいた車が、朝みたらぶつけられて傷だらけになっていたり、走行していて、後ろから追突されたのに、相手が逃げてしまったりなど、当て逃げは日常茶飯事に起きています。
経験のある人も多いのではないでしょうか? 当て逃げの交通事故の厄介なところは、相手が逃げてしまい、特定できないことが多いということです。
走行していてぶつけられた時は、車のナンバープレートを確認できる可能性がありますが、駐車場に停めておいて、当てられてしまった時は、知らない内に当てられてしまったわけですから、相手の特定のしようがありません。
そのため、泣き寝入りになってしまっている被害者も多いようです。


そんな当て逃げの交通事故にもし遭ってしまった場合、被害者はどのように対処すれば良いのでしょうか?当サイトは、当て逃げに遭った時の対処法を説明しています。
万が一の時に備えて、是非、読んでみてください。

Copyright © 2014 当て逃げにあったら…?交通事故マニュアル All Rights Reserved.